SOSL Concerts
スリランカ交響楽団のコンサート



 

2007年10月4日 東京オペラシティコンサートホール
「インド=スリランカ交響楽団演奏会」
指揮:矢崎彦太郎

ブラームス 「大学祝典序曲」
ハルシャ・マラカンダ
「ピアノとゲタペラヤのための協奏曲;スワラサンガ・ヴァンナマ」
ブリテン 「シンプルシンフォニー」
チャイコフスキー 「幻想序曲ロメオとジュリエット」  

インドのデリー交響楽団、ゴア州立管弦楽団、ムンバイ交響楽団、スリランカ交響楽団の合同演奏会が実現しました。チェロではスリランカからデュッシー先生以下、アミーラ、ジョーイ、タマーラのお弟子さん 3人が来日しました。またゴアからムンバイで一緒に演奏したことのある「バスコ・ディアスさん」も来日しました。演奏の合間と終了後に楽屋にいって旧交を温めました。そのほかにも懐かしい人達にあえてとても嬉しい夜となりました。演奏はとても元気のより、音楽を楽しんでいる様子が伺えて面白かったです。
 


ヤングソリストコンサート

Young Soloist's Concert

Sponsored by HSBC

27th July, 2002

Ladies' College Hall


 
L. van Beethoven  Overture to Goethe's Tragedy "Egmont" Op.84

W. A. Mozart Symphony No. 35 in D major " Haffner"

P. I. Tchaikowsky Suite from the ballet "Swan Lake"

Soprano : Anjuli Gunaratne

G.F. Handel  Recit.& Aria "He shall feed his Flock" from Messiah
F.J. Haydn   "With Verdur Clad" from Creation
G. Puccini    "Quando men Vo" from La Boheme
G. Gershwin  "Summertime" from Porgy & Bess

Cond. : Manilal Weerakoon 

定期演奏会

Premiere Concert

Sponsored by Energizer Lanka Ltd

26th October, 2002

Ladies' College Hall


 
K.O. Nicolai     Overture to "The Merry Wives of Windsor"

E. Elgar          Variations on an Original Theme (Enigma)

L. van Beethoven   Triple Concert in C Major Op. 56

  Violin : Ananda Dabare
  Piano : Ramaya de Livera Perera
  Cello :  Dushyanthi Perera

Cond. : Ajit Abeysekera

エルガーのエニグマ変奏曲は管楽器が活躍する変奏曲が少ししんどかったです。ベートーベンの3重協奏曲はコロンボトリオによる独奏。

ヤングソリストコンサート

Young Soloist' Concert

Sponsored by HSBC

26th July, 2003

Ladies' College Hall


R. Schumann  Overture to Genoveva   Op. 81
W.A. Mozart  "Voi che sapete" from The Marriage of Figaro
                  "Ah Scoatati! paventa il tristo effetto"
                  "Smanie implacabili" from Cosi fan tutte.
G. Mahler     "Rheinlegendchen" from Des Knaben Wunderhorn
G. Bizet       "Pres des Remparts de Seville" from Carmen
V. Herbert    "Art is Calling for me" from The Enchantress
Mezzo Soprano : Peshshali Yapa

C. Saint-Saens  Cello Concert No.1 a-minor Op. 33
Cello : Amila Abeysekera

J. Brahms    Piano Concert No.2 B flat major Op. 83
Piano : Manahara Virasinha 

Cond. : Ajit Abeysekera

ソリストの「アミラ」さんは指揮者アジットさんの娘さんです。つまり親子競演。心配そうなアジットさんを他所にアミラさんは立派にソロを弾き切りました。 ブラームスのソロはアメリカからやって来たマナーハラさん。レディスカレッジのオンボロピアノをから美しく強靭な音を出していました。チェロソロは勿論ディシュー先生でした。
 

An Evening of Classical Music

23rd March, 2003

A Twin Celebration

At Mr.W.J.E.Hans Monhemius's House 

Piano : Ramaya de Livera Perera
Violin : Ananda Dabare
Cello : Dushyanthi Perera
(The Members of Colombo Trio)

Piano : Vinayak Rajendran
Piano : Eshantha Peiris
Piano : Kamalinie Samarakoon
Violin : Thushani Jayawardene
Cello : Tamara Holsinger
Cello : Amila Abeysekera
Cello : Kamani Perera
(Students of the Colombo Trio)

オランダ人の「モンヘミウス」さんの個人宅(建築家バワの嘗ての居宅)で行われたコンサート。題して、「モンヘミウスさん在コロンボ24周年、オランダ大使在コロンボ2周年祈念コンサート」。

出演は、コロンボトリオのお弟子さん達。演奏もさることながら、バワ設計の家の素晴らしさとモンヘミウスさんの絵画コレクションに圧倒されました。 バワはコッテの国会議事堂などを設計したスリランカを代表する設計家です。
 

ディッシー師匠のお弟子さんの発表会

(私は出演せず)

Variations on a Cello Theme

31st July 2003

Russian Center in Colombo


 

Celli:
Amila Abeysekera
Joy Butscher
Namali Fernando
Oshan Gunawardana
Tasha Hettiarachchi
Tamara Holsinger
Rashika Perera
Kamani Perera
Dayani Perera
Dushy Perera
Sidharth Hemdev
Kethaki Masilamani
Amani Tissera
Anoushka Tissera

Piano: Eshantha Peiris
Vocal : Tharanga Goonetilleke 

室内楽コンサート

A Chamber Music Concert

5th August, 2003

To celebrate the 50th anniversary of The Lionel Wendt Theatre


 
Works by Brahms, Glinka, Piazzolla, Tchaikowsky, Chopin & Strauss

Piano : Ramaya de Livera Perera
Violin : Ananda Dabare
Cello : Dushyanthi Perera
Clarinet : Ajit Abeysekera

コロンボトリオ+アジットさんのクラリネットの演奏会。


定期演奏会

Premiere Concert

Sponsored by Energizer Lanka Ltd

1st November 2003
Ladies' College Hall


 
P.I. Tchaikowsky  Symphony No.5 in E minor Op. 64

C. Saint-Saens  Piano Concert No.2 in G minor Op 22

G. Holst   'Mars, the Bringer of War' from the Planets.
              (Premiere in Sri Lanka)

Piano : Maneka De Fonseka Sahabandu

Cond. : Ananda Dabare

久しぶりの大曲「チャイコフスキーの交響曲第5番」でした。指揮はコンマスのアーナンダさんでした。アーナンダさんがいなくて大丈夫かと心配しましたが、 アーナンダさんのお弟子さん達が大奮闘でした。二楽章のホルンソロはウィーラクーンさんでした。素晴らしい出来栄えでした。私も結構一生懸命さらいました。 トロンボーンのエキストラとしてスリランカに派遣された海外青年協力隊の方が参加されました。

クリスマスコンサート

Christmas Symphony Concert
12th December 2003

Christmas Family Concert
13th December 2003

Ladies' College Hall

合唱:ペターライト合唱団(男声)

バンバラピティヤ修道院合唱団(女声)

L. van Beethoven    Choral Fantasia
             Ramaya de Livera Perera, Piano
             Kishani Jayasinghe, Soprano
             Asitha Tennekoon, Tenor
             Eshntha de Andrado, Bass

Rossini  Overture to 'William Tell'

Operatic Arias and Seasonal Songs
Mozart   'Alleluia' from Exsultate, jubilate
Gounod  The Jewel Song
Catalani  'Ebban? Ne Andro Lontana
Dvorak   Song to the Moon
Adam     O Holy Night
Christmas Songs & Carols

Cond. : Ajit Abeysekera
Chorus Master : Soundarie David

Christmas Family Concert programme include A. Harris Christmas Medley with orchestra, Mel Torme The Christmas Song and OFortuna by C.Orff.

楽しいクリスマスコンサートでした。私の最後の演奏会となりました。ベートーベンの合唱幻想曲は非常に面白い曲でした。ピアノのラーマヤさんの演奏が冴えていました。カルミナブラーナの合唱の力強さに圧倒されました。ウイリアム・テル序曲冒頭のチェロソリは緊張しましたが、ディッシュー先生から何とか合格点を貰えました。

Kishani in Concert

8th January 2004

 

Lionel Wendet Theatre

Roger Quilter    Love's Philosophy
                      Now Sleeps the Crimson Petal
                      Fair House of Joy
Franz Schubert Lied der Mignon
                      Gretchen am Sponnrada
John Ireland     If There Were Dreams to Sell

J.S.Bach          Prelude from Suite No.2 in D Minor for Cello
          Cello:Tamara Holsinger

Bellini      Eccomi in Lieta vesta ...o Quante volte
Gounod         The Jewel Song
Catalani          Ebben? Ne andro Lomtanna
Puccini           Tu che di gel sei cinta
Verdi             Caro nome

David Popper  Tarantella Op.33
                    Cello: Tamara Holsinger

Gerge gershwin My Man's gone now
                     Somebody loves me
                     I got Rhythm

Shirley Bassey Collection
                     Big Spender
                     Love is Many Splendoured Things
                     Where do I bigin ?

Rogers and Hammerstein
                     The Sound of Music Medley

Lerner and Leowe, My Fair Lady.

2004年1月、帰国寸前の演奏会にスリランカに来た妻と一緒に出かけました。キシャーニさんは年末のクリスマスコンサートでソプラノを歌った方です。ピアニストはスリランカ交響楽団のセカンドバイオリンの 「サンドリー・デイビッド」さん。非常にデリケートなピアノ伴奏が素晴らしかったです。サンドリーさんは新春のコンサートでグリーグのピアノ協奏曲を弾かれました。

inserted by FC2 system